LAND ROVERランドローバー NEW DEFENDER110 試乗車

セールス 植田柊斗

ランドローバー NEW DEFENDER110 試乗車

外装色:サントリーニブラック
内装色:エボニー

新設計のプラットフォームD7x上に構築されたディフェンダーは目覚ましいオフロード性能を誇ります。ディフェンダーには「90」と「110」の2種類があり、90ではコイルスプリングが、110には電子制御のエアサスペンションが標準になります。エアサスペンションの場合、地上高は標準設定より145mm高い291mmまで上げる事が可能で、その際の最大渡河深度は900mmとなります。つまりは立てたワインボトルに触れることなく通過し、人の腰の高さまである川を渡れるのです。ボディはどのホイールからも最大7tの負荷に耐えられ、それを実証する為に開発段階では垂直に立った200mmの縁石を40km/hで乗り越えるテストを何度も繰り返した程です。また、新型ディフェンダーが備える最新のオフロード走行時のデバイスを2つご紹介致します。テレインレスポンス2はエンジン、ギアボックス、センターデフ、シャシーの設定を路面に合わせて、そして地形をモニターして最適な車両設定を自動で選択します。もう一つはオールテレイン・プログレス・コントロールはぬかるみ、濡れた草地、凍結路、雪路、未舗装路などの低ミュー路にて、2~30km/hの範囲で設定スピードを維持します。これによってドライバーはステアリング操作に集中が出来ます。極端な凸凹路でホイールのどれか一つでも宙に浮くのを抑えようとする技術にも注目して頂きたい。サスペンションはフロントにダブルウィッシュボーン、リアにマルチリンクを採用しております。独立懸架のAWDとはいえ、重いバネ下重量とソフトなエンジンマウントの影響はある程度免れないのですが、ディフェンダーの常に4輪を接地させる能力は一頭地をぬいており、どんな悪路も苦も無く走破します。最後に触れておきたいのが、ブランニューのインフォテインメントシステムです。ランドローバーの既存のモデルが搭載しているシステムよりも遥かにタッチレスポンスが速くなりました。オーバー・ジ・エア・アップデートも可能で、プレミアムを名乗る他ブランドのライバルとも十分以上に張り合えるシステムになりました.この素晴らしいディフェンダーを皆様に体感して頂きたく、是非、ご試乗にいらして下さい。スタッフ一同、心よりお待ちしております。

セールス 植田柊斗

ランドローバー柏 試乗車・展示車のご案内